小顔になれるボトックス治療【ダウンタイムも殆どない】

サイトメニュー

治療の概要

注射

患者も勉強が必要

美容クリニックではプチ整形がすっかり定着し、半分以上の治療メニューがこれというところも多いです。外科手術となると腫れを避けることは難しいので、仕事や日常生活に支障を来たしますが、メスを使わないプチ整形ではこのような心配がありません。ボトックス治療もプチ整形の内、注射治療の一つに数えられます。細い注射針で製剤を注入するだけで済む、気軽な治療です。筋肉を収縮させないように働きかけるため、凝り固まった筋肉をほぐせます。近頃では、肩こりの原因を作っている筋肉に注射して痛みを取り除く治療を行っている医療機関もあります。美容医療において国から認証されている効果は表情ジワの解消で、その内対象となっている箇所は眉間と目尻のみです。即効性は期待できませんが時間と共に効果が現れてきて、一度の注射で驚くべき結果が得られる場合も少なくなくありません。ですから、眉間と目尻のシワ治療においては、右に出る治療はまだ出てきていないと言われています。ボトックス注射をすると1週間から2週間後に効果が最大となることが多く、その後徐々に効果が切れてきます。部位や注入量、個人によって持続する長さはまちまちですが、4ヶ月から6ヶ月に一度を目安に注射する人が多いです。眉間と目尻の表情ジワの治療で認証を受けているボトックスは、患者だけでなく、医師の多くが効果の高さを実感しています。日々新しい治療法が開発されている美容医療界において比較的息が長く続いている治療法であり、この人気はまだ続くのではないかと予想する声もあります。1回の治療で明らかに高い効果が得られるメリットを支持する医師は多いものの、継続使用によって問題が起こる可能性は否定できません。ボトックスが持つ筋弛緩作用は、長くて半年から1年です。でも何度も注射することで、筋肉がすっかり退化してしまう場合があります。部位にもよりますが5回程度注射を繰り返すと半永久的な効果が得られる可能性があると言われるのは、筋肉の退化によるものです。筋肉はたるみ防止に役立つという側面があることは、忘れないようにしたいところです。また、ボトックスによって皮膚が薄くなるという副作用を指摘している医師もいます。自由診療は患者がある程度の知識を持って、信頼できる医師に治療を頼むというのが理想です。注射する量や場所をしっかりとデザインでき、適切な回数をアドバイスしてくれる医師を探すといいでしょう。また、様々なリスクについても隠さずに伝えてくれる医師は信頼に値します。

Copyright© 2018 小顔になれるボトックス治療【ダウンタイムも殆どない】 All Rights Reserved.