小顔になれるボトックス治療【ダウンタイムも殆どない】

サイトメニュー

多彩な美容効果を持つ

看護師

シンプルな施術だからこそ

小顔治療からアンチエイジングまで、幅広い美容効果を持つボトックス注射は、美容整形の中でもトップクラスの人気があります。1つの薬で多彩な治療に対応するのは不思議な話ですが、それは筋肉の動きを止めるという、ボトックスならではの効能によるものです。しかも単に止めるだけでなく、脳から発令される神経情報をブロックするため、本人の意思に関わらず、筋肉の動きを根本的に制御できるようになっています。そのため、目尻の笑いじわや眉間のしわを作る表情筋に打てば、筋肉の過度な動きが抑えられ、しわが改善できる訳です。そしてエラを大きく見せている咬筋に注射すれば、咀嚼時の筋肉運動が減り、エラが痩せてすっきりした小顔にしてくれます。さらにふくらはぎに注入すれば、筋肉質な脚もソフトな曲線にできますから、美脚目的でも効果を発揮してくれるのです。このほか、意外な施術には多汗症治療もあり、外科手術を受けることなく、注射だけで改善できることから注目されています。ボトックスはアセチルコリンという神経情報物質の働きを封じて、筋肉の動きを抑えているのですが、汗の分泌にもアセチルコリンが深く関わっているのです。ですから、脇や手の平などの汗が気になる部分にボトックスを注射すれば、発汗を効果的に抑えてくれます。受ける側からすれば非常に簡単な施術のため、ボトックス注射はどの美容外科で受けても、変わらないような感じもします。しかしシンプルな施術だからこそ、医師の腕前がダイレクトに反映されるので、依頼先は入念に選ぶことが大切です。ボトックス治療の結果を左右するのは注射点と注入量となっており、正確にそれを割り出すには、筋肉構造の解剖学的な知識も不可欠とされています。患者によって異なる筋肉の状態を見極めるには経験も必要ですから、豊かな実績を持つドクターに打ってもらいましょう。複数の医師を抱える美容整形外科では、ドクターを指名できる場合があるので、名医を見付けた時は指名して予約するのがポイントです。ただし多忙なドクターでは学会などへの出席もあり、先々のスケジュールが未定の場合、一か月以上先の予約が入れられないケースも少なくありません。また、医師のスケジュールは病院が管理していることも多いため、美容外科へ電話を入れ、オペレーターと相談しながら予約するのも得策です。そのほか、どこをどんな風に改善して欲しいのか前もってまとめておきますと、理想の仕上がりに近付きやすくなります。中にはカウンセリングルームに入った途端に緊張して、しどろもどろになる場合もありますから、話すことを事前に書いておくと安心です。

Copyright© 2018 小顔になれるボトックス治療【ダウンタイムも殆どない】 All Rights Reserved.